レーシックの費用を解説!

レーシック手術は一体いくらくらいで受けることができるのか?手術をしてみようと思ったら気になるところですね。

レーシック手術クリニック比較ランキング

レーシック手術ができるおすすめクリニックを地域別に比較し、紹介します
東京・大阪・名古屋・福岡を中心に各都道府県別にレーシック手術おすすめ眼科クリニックの情報を掲載

レーシックの費用はどのくらい?

コンタクトやメガネも面倒だし、それなりに維持費もかかるから、レーシック治療って良いな…とは思うのですが、そう簡単に決断は出来ませんね。

場所が「目」という場所なだけに、不安や心配がある…というのもありますが、何よりその治療費が安くはない、という点です。

もちろん、レーシック治療を行っている医療機関によって費用の差はありますが、それでも最低で7万円はします。それに勝手なもので、激安だったら、それはそれで不安にもなりますね。

残念ながら健康保険は使えませんので、少々高くなってしまします。

平均的な費用として、10万円~40万円くらいでしょう。

最安値で、品川近視クリニックが70,000円、また、新宿近視クリニックも71,500円の手術を用意されています。幸い、有名なレーシック専門クリニックですから、比較的安心ではあります。

それでも、恐らく説明を聞きにいくと、最安の手術ではなくて、もうちょっと高い20~30万円ほどの手術をしたくなる人が多いようです。

なんと言っても眼の手術ですし、最近、特に悪い噂もチラホラ見かけますから、先生に、こっちの方がこんなにいいよ・・・なんて言われると、やはりほとんどの人が、高価な手術を選ぶのが現実のようです。

ここでケチったおかげで、失敗したら嫌だしとか、最初で最後の手術だから、よく見える手術をしよう・・・と思う感じでしょうか。

と言うわけで、あまり、安い費用の手術を想定していると思わぬ出費・・・と言うことになりませんので、ご注意ください。

もちろん、当サイトで紹介しているような有名なクリニックですと、ローンも使えますし、クレジットカード払いなんてことも可能です。クリニックにもよりますが、金利0円のローンもう用意されている

ただし、必要な費用というのは、手術代だけではありません。診察や検査の費用も必要になってきます。こちらはだいたい1回数千円ほどなのですが、無料で行っているところもあります。

また、手術費用も、一括支払いではなくて、分割…つまりローンを組めるところもありますし、医療機関によっては手数料0円、金利0%というところもありますから、積極的にレーシック治療を考えている方は、費用面でも確認してみることが必要です。

レーシックは手術給付金の対象

ところで、レーシック手術は、多くの生命保険・医療保険で手術給付金の対象となっています。

およそ3~10万円程度の手術給付金が支給されることが多いようです。

もちろん契約条件によっては、対象にならない場合もありますので、各保険会社に一度問い合わせてみてください。

なお、給付金を受けるには診断書が必要ですが、診断書は5,000円から1万円程度の費用が必要となるようです。

また、医療費控除の対象にももちろんなりますので、税金をたくさん払っている場合には戻ってくる可能性もありますね。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。