レーシック手術を名古屋で受けるなら!

名古屋でレーシック手術を受ける場合に、実績十分な名古屋の眼科病院・クリニックを紹介しています。

レーシック手術クリニック比較ランキング

レーシック手術ができるおすすめクリニックを地域別に比較し、紹介します
東京・大阪・名古屋・福岡を中心に各都道府県別にレーシック手術おすすめ眼科クリニックの情報を掲載

名古屋(愛知県)でレーシック手術

名古屋(愛知県)でレーシック手術を受ける場合に、実績十分な名古屋(愛知県)の眼科・クリニックを紹介しています。

レーシックを手術を受けようとすると、レーシックの手術をしている眼科を探す必要がありますが、名古屋(愛知県)のみならず、地方では、なかなかレーシック手術をしている眼科医がいません。最近は特に減少傾向にあります。

当サイトでは、名古屋(愛知県)の眼科並びに名古屋(愛知県)近郊のレーシック眼科・クリニックの中でも、実績などが十分で、安心して手術を受けられる病院を集めております。

名古屋(愛知県)のレーシック手術クリニック比較ランキング

品川近視クリニック

品川近視クリニック 名古屋院

  • アマリス750Zレーシック
  • リーディングアイ・クリスタル
  • レーシック・エメラルド
  • アマリス500Zレーシック
  • スタンダードZレーシック
  • 品川イントラレーシックアドバンス
  • リーディングアイ・プラス
  • アマリス750リーディングアイ・プラス
  • ラゼック
  • レーシック後リーディングアイ
品川近視クリニック 名古屋院
愛知県名古屋市中村区名駅5-7-30

品川近視クリニック名古屋院の総評

品川近視クリニック名古屋院では、平日の17:30~18:30にレーシック・老眼治療無料説明会を実施していて、レーシックや老眼治療に関する説明を受けることができます。もちろん、院内見学や、検査を受けることも可能です。

品川近視クリニックは月間症例数が2万症例を超えています。これまでの実績でも115万症例を超えています。他の眼科では多くても20万症例ですから、症例数では圧倒的です、症例数だけ見れば世界一の実績なのです。

特にイントラレーシックでは、様々な賞を受賞していて、常に最高級の設備や最高級の医療を実践しています。

もちろん、開院以来感染症はゼロです。アベリーノDNA検査を実施していますので、安心です。

託児サービスもあり、初診検査日・初回施術日の在院時間は、提携託児所を無料で利用できます。

公式サイトはこちら

神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川アイクリニック 名古屋院

  • プレミアム アイデザインレーシック、オルソケラトロジー以外の術式に対応しています
神戸神奈川アイクリニック 名古屋院
愛知県名古屋市中区錦3-16-27 栄パークサイドプレイス4F

神戸神奈川アイクリニック 名古屋院の総評

神戸神奈川アイクリニック 名古屋院は、2014年9月より休診となりました。今後は「おぐり近視眼科・内科 名古屋院」として再開予定となっていますが、レーシック診療は行いません。

公式サイトはこちら

名古屋でイントラレーシックができる施設は?

愛知県の名古屋市では人口の多い都市だけあって視力回復手術を取り扱っている眼科クリニックがいくつかあります。大手の眼科クリニックの支店などが名古屋市に点在するので、そのためたくさんの視力回復手術を取り扱っている眼科クリニックがあるのです。その中でもイントラレーシック手術のような高度な技術の視力回復手術も愛知県名古屋市での眼科クリニックは取り扱っている施設がたくさんあるのです。

品川近視クリニックでは、トリプルRイントラレーシックアドバンスと言う手術があります。高度な技術を要するイントラレーシックの割にはこの品川近視クリニックでは安価で施術を受けることができアフターサービスも万全で人気のあるクリニックとなっています。他にも大手の眼科クリニックで錦糸眼科でもイントラレーシック手術を扱っています。ここでも全国各主要都市で受けることのできるイントラレーシック手術ができるので大変人気があります。

そして眼科杉田病院でも最先端のイントラレーシック手術を受けることができ、神戸神奈川アイクリニック名古屋でもイントラレーシック手術を受けることができるのです。このように名古屋では様々な眼科クリニック施設でイントラレーシックを受けることができるので、金額やサービスなどをキチンと調べて、自分の条件にあった眼科クリニック施設を探し出すことをオススメします。選択できるほどのたくさんのイントラレーシック手術を取り扱っている眼科クリニック施設があるので、安心して探し出すことができますね。

ドライアイの方のレーシック

レーシックの合併症にドライアイがありますが、これはレーシックの手術の際、角膜を削る時に涙線も一緒に切断してしまうのが原因です。その後徐々に涙線も修復されるので、自然に治るのが普通なのです。ドライアイの方は涙の量が少なかったり成分に問題があって、目の表面が乾燥してしまっているのです。もともとドライアイの方でも、特に角膜などに問題が無ければ、レーシックをしても、大丈夫なようですよ。でも手術後は一時的にドライアイが悪化することが考えられますので、普通の人より更にケアをしていかなくてはいけませんね。

今までドライアイの方でコンタクトをされている場合は、コンタクトによる乾燥を防ぐため、専用の目薬などでケアをしたり、色々気を使わなければいけないことが多かったと思います。レーシックによりコンタクトを使用しなくて済むようになると、そんなわずらわしさからも解放されるので、むしろレーシックはお勧めなのかもしれません。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。